2014年5月17日土曜日

5月17日の中学生教室


本日の中学生造形教室


基礎デッサンを終えた生徒は、パステルに挑戦しています
先週は黄土色の紙に、茶色と白のパステルで
くらいところと明るいところを描く練習をしました

白い紙に描くデッサンとは違って
紙の色を活かしながら描いていくこの技法は
レンダリングとも呼ばれています

頭の使い方が違って少し難しいようでしたが
頑張って制作していました

今週は牛骨を描きます
大きなモチーフはまだ慣れませんが
全体の様子を把握して
しっかりと形をとっていましたよ




基礎を進めている生徒
みんな真剣にモチーフと向き合い、
素直な目線で描写しています

こどもとも高校生とも違う
観察力を感じ、講師のわたしも新鮮な気持ちになります

基礎が終われば色付きの課題にも挑戦していきます
もう少し!頑張りましょう